NPO法人の社会的役割概要

こんにちは!

みなとの行政書士事務所、高橋です(^^)/

私の業務の一つにNPO法人設立、運営というものがあるのですが、以前、港区のセミナーでお話させていただいた際、
「そもそもNPO法人とは何ぞや!?」という方が多かったので、すこし私見を交えて説明したいと思います。

NPO法人とは、特定非営利活動法人とも呼ばれ、特定非営利活動法に根拠をもつ法人です。

皆さまの中には、NPO法人=ボランティア団体 といったイメージを持たれる方も多いかと思います。
これもあながち間違いではなくて、任意団体としてのボランティア団体が、永続的に活動できるよう、
法人化したという団体も多いでしょう。

「永続的に活動するため」と言いましたが、法人化すれば、法人としての活動ができるので、構成員が変わっていっても
法人として存続し続けられるので、活動が途切れることなく続けやすいということにつながります。
このように世間のためになる活動をする団体を増やすためにも、他法人に比べ、NPO法人は金銭面ではとても優遇されています。設立費用は実費0円(認証手続き、登記手続きともに)です。

 一方、金銭面での優遇と引き換えに、規律も要件も会社や一般社団法人と比べて厳格です。
NPO法人は、「市民からのサポートがあること」が法の目指すところであるため、「一般市民」の目を非常に意識したものとなっています。設立要件もまさしくそうです。(設立時、運営時、どちらも会社や一般社団法人に比べると書類が多いです。)
NPO/ボランティアという響きを隠れ蓑として助成金や補助金を不正に利用するNPO法人があるのも事実なので、この、市民による監視が可能であるという点はとても重要だと思います。

 次に、NPO法人の社会での役割を考えると、「行政が手が届かないところを埋める」役割を担うことがNPO法人の理想形ではないかと感じます。
「NPO法人は助成金、補助金がもらいやすい」という声をよく聞くのも、結局、行政の代わりに活動を行うから、ということでしょう。しかし、当然ながらNPO法人だからといって補助金助成金のみで運営していくことが正しいわけではありません。
それなら、行政が行政の事業として行えばいいのですから。

 私が個人的に関与させていただいている法人様(特にNPO法人、一般社団法人)を見て思うことは、
NPO法人は「ボランティアというよりベンチャー企業の要素が強い」のではないか、と思います。
市民のニーズ、よりニッチな分野における市民のニーズを実現するために活動している法人は補助金助成金がなくとも自立した運営ができていると感じます。そういう意味においては、まさしく”ソーシャルビジネス”であって、会社と変わりません。

 最後に、多くの方が疑問に思われることの一つに、「非営利」の意味が解らない、とよく聞きます。
これは、端的に言うと、「利益の分配を禁止する」という意味です。
決して、「対価を得てはならない」という意味ではありません。
サービスには相応の対価を頂く、というのは当然のことですし、また、そうでないと、法人として回りません。
あくまでも、「利益が出たから、役員で分けちゃおう!」ということが禁止されているのです。
その利益はNPO法人の目的の事業に使うべし、ということです。

また、このようなcleanな法人であるからこそ、ボランティアさんが助けてくれる、という感じです。

ざっくりとNPO法人の概要をお伝えできていたら幸いです(^^♪

⇒次回:NPO法人の設立要件その1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です