【NPO法人】社員総会と理事会の役割分担について

【社員総会と理事会の役割分担についての考察】

社員総会は、定款で理事会に業務を委任することができます。
但し、「定款変更」「合併」「解散」は委任できません。

これはすなわち、「この3つ以外だったら理事会に委任してもよい」、ということになります。

私もNPO法人の定款認証に際して、代表者の方に聞き取りをして、「理事会主導型で」と
なった際、上記を踏まえ、理事会に権限を多く振り分けた定款を作成しました。

が!!!!

東京都でのNPO法人の定款認証に際しては、都の担当の方から、
「できる限りNPOの趣旨に沿うため、社員総会の権限を強くするのが原則ですので、、、不都合はありますか?」
と、やんわりと、しかしきっぱりと修正を促されました。

もちろん、「どうしても理事会主導型にします!」といえば認められるでしょうが。

まあ、実際不都合があれば定款変更をすればいいのかな、とも思うので、社員総会メインの形で
作成する方がスピーディにことが進むんでしょうね。
(特に、認証まで4-5か月かかる現時点では、争点を少なくする方がベターかと思いました。)

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です